sozai

介護保険対象リフォーム

高齢者介護リフォーム&助成金について

T, 手摺の取付工事    
 

住み慣れているご家庭内でも、転倒事故は起こります。

転倒による怪我が、寝たきりの原因になることも・・・。

トイレや浴室用、やわらかいRラインの手摺や

足元を照らすライト付のもの。

玄関から道路までのアプローチへの設置も対象となります。


 
●浴室
●トイレ
     
U, バリアフリー工事    

床バリアフリー工事(約6帖・段差15センチ)
フローリング他材・下地施工・工事費込 9,2万円

 

敷居につまずき、足の指を骨折する事があります。


バリアフリーにすると車椅子の移動もスムーズ。



介護リフォーム施工例はこちらへ


V, 段差の解消工事    
 
 
W, 開き戸の取替え、修理    

引違戸扉(一間間口)・壁一部解体・撤去・取付工事費込 16,8万円

 

 

引違戸への扉全体の交換の他、
ドアノブや戸車の修理や門扉も対象となります。

介護リフォーム 引違戸 施工例
玄関ドア 施工例

 

 
 

 

 
 
X, 和式便器から洋式便器への取替え   Y,以上の改修に付帯する工事
   

sozai

要介護・要支援1〜5認定の方、最大支給額18万円(工事費用の9割)まで
助成金が支給されます。高齢者介護リフォーム工事&助成金の申請もいたします。

高齢者のお住まいを快適に。介護する方、される方の目線でリフォームの相談に応じます。
介護リフォーム助成金の活用で暮らしの安全と安心をサポート。わかりにくい申請もお手伝いさせていただきます。

※介護保険が適用になる改修は、次のとおりです。

(1) 手すりの取り付け
  玄関、廊下、階段、トイレ、浴室、洗面所などの屋内に設置する手すりの他、
  出入り口から道路までの屋外手すりにも適用されます。

(2) 床段差の解消
  引き戸レールや敷居の段差を撤去したり、玄関や浴室、出入り口などの段差をスロープや踏み台、
  床工事などにより解消する場合に適用されます。

(3) 滑りの防止
  移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更車イスが利用しにくい畳床や、歩行時に滑りやすい床を、
  フローリングや固い床材などに変更する場合に適用されます。

(4) 引き戸等への扉の取替え
  介護を必要とする人が開けにくいとされる開き戸を、引き戸や折れ戸、アコーディオンカーテンなどに変更する場合に
  適用されます。また手首を傷めていたり、握力が低下している人でも操作しやすいドアノブや戸車の設置も含まれます。

(5) 洋式便器等への便器の取替え
  和式便器よりも介護しやすく、かつ介護されやすい洋式便器への交換や、便器の高さを変更する必要がある場合の
  洋式便器の取替えに適用されます。

*助成金 受給の対象者と助成額*

助成金の受給対象には、一定の条件があります。

・要介護認定で「要支援・要介護」と認定されていること
・改修する住宅の住所が被保険者証の住所と同一であること。また、本人が実際に居住していること
・助成額の限度は工事費用最高20万円(支給額18万円)(20万円の内1割を自己負担、9割を補助金として支給)

介護リフォームの助成制度を利用する場合、事前の申請手続きが必要になります。
介護保険と並行して利用できますが、住宅改修費支給の手続きは別に申請しなければなりません。
リフォームに取りかかる前に必ず確認しておきましょう。

※まずは株式会社サムズガーデンにお電話ください。女性スタッフが丁寧に対応させて頂きます。